横浜生まれの鹿児島は甑島発!オーダーメイドで本革ダーツケース、バイカーズサドルレザーウォレットなどのレザーアイテムを制作。ピスト、ハーレー、アメ車大好き!
↑最初のページに戻る↑

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

ぼくのところ


メールはこちら


電話番号:
09969-7-0005



L.O.L.公式LINE!!:


お気軽にお問い合わせどーぞ!!


L.O.L. "09969"Bace Canp
住所:〒896-1601
鹿児島県薩摩川内市下甑町手打861


twitter

L.O.L. leather insta

L.O.L. webshop insta

mapida insta

時間が進んで行くにあたって

0
     まだまだ全体は明らかでは無いものの、
    その実態がずいぶん見えてくるようになりました。

    東北地方太平洋沖地震により被害を受けられました皆様の
    一日も早い復旧と皆様のご健康を心からお祈り申し上げます


    僕の住む横浜でも、それなりに揺れ、
    L.O.L.もFiGARO LCも色々なモノが落ちてきたり、
    壊れたりしてしまいました。
    それ以上に影響が出ているのはそのあと。
    地震自体への恐怖と、
    得体の知れない不安に伴う行動。
    街にいる人の暗い雰囲気。
    確かに仕事には影響がありました。
    生活にも多少は。
    そういった意味では、僕らも被害者かもしれません。
    でも、被災者ではないような気がします。
    辞書で調べてもさほど意味は変わりませんが、
    何となくニュアンスだけでも伝わればと思います。
    少なくとも僕の認識はそんな所です。
    この状況に凹んだり、
    右往左往してしまうと、
    それこそ被災者の方に失礼なのではないかと思っています。

    復旧支援、義援金、チャリティー、ボランティア。
    色々と世の中で行われています。
    そのどれもが素晴らしい事だと思います。

    ただ僕は、今何が出来るのかが正直わからなくて、
    実際に何も出来なくて。
    自分の無力さが悲しくなるばかりです。
    ブログを書く事も、
    地震について何か語ったり、そういった行動をとったりが、
    まだ正直出来なくて、
    一週間が過ぎてやっと事が見えてきたのではないかと、
    ブラウザを開いてみました。

    なんだか、『ブーム』な気がしてならないから、
    『ブーム』だとすぐ終わりが来てしまう気がしてならないからなのかもしれません。
    僕たちミーハーで平和な日本人には、
    ある種、この状況が新鮮で珍しい体験だから。

    だから、それがいい方向に向けば、
    復旧支援、義援金、チャリティー、ボランティア。

    悪く向けば、
    買占め、デマ、疎開。
    そんな所なんじゃないかなぁと。

    世の中の、少なくとも僕の周りの街の雰囲気からは、
    そんなように思います。

    ちょっとした募金すらしていないわけではありません。
    仲間の活動も応援したいと思っています。

    今は、一人ひとりが周りに流されないように、
    まず、自分の事を。目の前の事を大切にって、
    考える事も必要なんじゃないのかなぁと思います。

    そしてこれからに向けて出来る事。
    悪い方向にではなく、
    良い方向に。継続的に。

    今の流れに乗っかって、
    義援金を募って、チャリティーをして、
    ボランティアをして。
    偽善者を買って出て。
    僕はこれらの事が一過性でない事を願って、
    継続的に出来る何かを探してみたいと思います。
    経済を回す事だったり、
    身近な人の笑顔を生み出せるようにして、
    それが東北まで届くような。

    いつもお世話になっている仙台の知人は言っていました。
    交通網が復活したら遊びに来てくれと。
    それが、一番なんじゃないかと。
    きっとその頃、何年後かには、
    ミーハーな流れは無くなって、
    その時に起きている他の事に、
    世の中の目は向いているから。
    その、今ほど注目されていない東北地方に遊びに行って、
    再会を喜んで、楽しんで。
    そうできるように、
    今、目の前にある守らなければいけないモノ、
    そして生活を続ける事。

    今、僕の出来る事。
    僕たちに出来る事。

    義援金には参加。
    仲間のチャリティーに参加。盛り上げる。
    必要とされれば動けるように体制を整える。
    でも、普段の生活を出来る限りする事。

    そして、忘れない事。

    被災していないからこんな事が言えるのだと思っています。
    でも、被災していないのに、
    『被災者の気持ちがわかる』
    そんなことは僕には言えないんです。
    何をしてほしいのかも、
    何が欲しいのかも。
    想像で、こちらからする何かなんてモノは、
    被災した方々からはただの迷惑かもしれません。
    だから、仙台の方に言われた遊びに来て。という言葉。
    今のところ、東北の方に直接求められた要望はこれだけです。
    あとは随時言われたら動けるスタンスをとっておきたいと思います。

    まだまだ油断は許されず、
    落ち着くなんて言う事は、
    それこそ被害にあわれた方達が、
    今までと同じような日々に戻れるまでは、
    決して言ってはいけない事だと思います。

    出来る事を探して、行動して、
    小さい事でも継続的に、
    求められたらすぐ動く。
    いつもは言われる前に動くをモットーに生活していますが、
    それはそれです。

    このすごく個人的かつ偏見的なモノの考え方、文章。
    これをここに書き残す事は、
    あまり良くない事かもしれませんが、
    あえて書きたいと思います。
    駄文、長文、お付き合いありがとうございました。




    被災者の皆様には心からお見舞いを、そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

    株式会社ラフィングキューブ
    代表 松田 裕之


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    横浜生まれの鹿児島は甑島発!オーダーメイドで本革ダーツケース、バイカーズサドルレザーウォレットなどのレザーアイテムを制作。ピスト、ハーレー、アメ車大好き!